News & Topics

  • 2018/07/23
  • カビの知識 夏型過敏性肺炎

俗に『トリコスポロン症』と呼ばれるこの病気は、古い家の畳や縁の下の腐木などに増殖するトリコスポロンというカビ(担子菌系酵母)が原因で起こります。肺に菌の胞子が吸い込まれて起こる炎症に依って、咳や発熱を伴うこの病は梅雨時などに多く、その時期・その場所をしばらく離れいると回復します。しかし血液性疾患の治療に伴う免疫抑制をしている人などによっては、血流に乗って他の臓器にまで転移して増殖し、深刻な状態(深在性真菌症)が引き起こされるケースも増えています。

株式会社エプロ
TEL:03-5225-1657
FAX:03-5225-1602
E-MAIL:お問い合わせフォーム
EPRO Official Web Site Since 2007