News & Topics

  • 2017/06/23
  • カビの季節の前に

温度20℃以上、湿度70%以上で何らかの栄養が有れば、カビは気持ち良く繁殖し出します。特に風呂場の壁・天井、入口のマット下。隣の脱衣場の天井コーナー部や梁下部分。閉め切った地下室の壁・天井などなど・・・中でも空気の滞りと湿度の上昇はその大きな要因の一つとなります。従ってカビ防止法の第一は室内に換気を促し、除湿を心がける事です。空気の動きはカビの定着を妨げ湿度の低下は繁殖の速度を著しく落とすからです!生活空間に何らかのカビの胞子は常時漂っております。大切な事はカビを根絶やしにする事ではなくその程度をあるレベル以下に下げておく事なのです。目に見える状態になって来た時が一定の警報だと思って下さい。カビがある繁殖レベルを超えた時、免疫性の下がった人体などに対して影響を与える可能性(真菌症やアレルギー症状)が出てまいります。エプロの防カビ剤『インナーミル550』はそんな時にしっかりお役にたつ商品です。何なりとご相談下さい。

株式会社エプロ
TEL:03-5225-1657
FAX:03-5225-1602
E-MAIL:お問い合わせフォーム
EPRO Official Web Site Since 2007