News & Topics

  • 2017/07/20
  • 抗菌剤と能力
抗菌剤と能力

通常抗菌と呼ばれる対象として、細菌(バクテリア)に対する抑止能力を持っている事が挙げられます。通常、細菌は細胞分裂に依って(2が4、4が8という風に)極く短時間の内にその数を増やして人に害を与える為、短時間で即効的に効力が発揮される薬剤が問われます。散布して数十秒〜1分ほどで菌を抑止します。しかしそういった即効性を持った薬剤(次亜塩素やアルコールなど)は通常、効力の持続性が全く有りません!ほぼ瞬間的といっても良い効力の発現で終わってしまいます。エプロの薬剤で言うと『スーパーミル88』がそれに当たりますが、しかしスーパーミル88には持続性も有るのです。壁・天井などへの噴霧でその表面で乾いた場合、拭き取らない限り効力が持続します。なので時々の噴霧で衛生管理の取れる、安全性の高い薬剤として、病院のみならず介護施設や食品工場などで広く使用されております。どうかお試し下さい。

株式会社エプロ
TEL:03-5225-1657
FAX:03-5225-1602
E-MAIL:お問い合わせフォーム
EPRO Official Web Site Since 2007