News & Topics

カビの繁殖条件は温度20〜30℃、湿度70%以上、何らかの栄養素が有れば生えて来ます。特に一時的な増殖の主なる要因として、梅雨時期の湿度の上昇が挙げられます。この時期の空気中の湿度の上昇は、一時的に温度差のある壁表面に微細に結露を生み、その結果カビの発生をみる事となります。特に空気の滞っている階段室や地下室など、一晩で様変わりするほどカビの発生をみる場合があります。これらを予防するには、廊下や地下室における除湿に心がける...
エプロのスーパーミル88(抗菌・防カビ剤)の使用方法ですが、基本的には噴霧して使用します。最も多い例として、エアコンなどを分解・洗浄した後に噴霧して除菌を施します。またエアコンの吹き出し口やその周辺部分に対する噴霧除菌剤としても有効です。スーパーミル88は既存の次亜塩素剤やアルコールと違って、臭気が無くまた持続性が有ります。塗料ではないので触れば取れていってしまいますが、乾燥して表面に乗っていれば効果は持続します。従っ...
工事の対象面が激しくカビている場合は殺菌・除去が必要となります。次亜塩素系の殺菌・漂白剤(カビサール)で処理(臭気有り)をするか強アルカリ洗浄水(JUJU)で殺菌・洗浄(臭気無し)するか、スーパーミル88で殺菌処理(臭気無し)するかが必要となります。次に下地を乾燥させて、インナーミル550の10倍希釈液で防カビ下塗りを施します。更に仕上げ塗装となる水性塗料にインナーミル550を3%混入・撹拌して仕上げ塗装を行います・・・というフル工程を...
株式会社エプロ
TEL:03-5225-1657
FAX:03-5225-1602
E-MAIL:お問い合わせフォーム
EPRO Official Web Site Since 2007